プログラミング

【Vim】Linuxの標準テキストエディタVimを最低限使うための知識

概要

Linux標準のテキストエディタ「Vim」の操作方法について、最低限の必要と思われる知識をまとめました。

注意事項

本コンテンツでは、「必要最低限の知識」だけ記載しています。
Vimは他にも便利機能がたくさんありますし、カスタマイズも出来ます。
「もっと便利に使いたい!」という方はネット上でたくさん情報がありますので、そちらも参考にしてみてください。

Vim操作方法

Vimの起動方法

コマンド内容
vimVimの起動
vim <ファイル名>Vimをファイル名を指定して起動

Vim上でのファイル保存・終了方法

コマンド内容
:qVimの終了
:q!ファイルを保存せずにVimを終了
:wファイルを上書き保存
:w <ファイル名>ファイルを名前を付けて保存

モードの切り替え

Vimには、基本的には4つのモードがあります。
同じキーでも、モードが異なると操作が異なるため、モードの切り替えを覚えることは必須。

モード名説明切り替えキー
NORMALモードコピペ・文字検索などEsc、など
INSERTモード文字を入力(NORMALモード時に)a,A、など
VISUALモード複数文字まとめて選択(NORMALモード時に)v
COMMANDモードファイル保存・Vim終了、など(NORMALモード時に):

以下、それぞれのモードで最低限覚えておくと便利なコマンドを記載します。

NORMALモード

1つ前の状態に戻る・進む

コマンド内容
u1つ戻る
Ctrl + r1つ進む

ファイル内の先頭・末尾に移動

コマンド内容
ggファイルの先頭に移動
Shift + gファイルの末尾に移動

ファイル内文字検索

コマンド内容
/<探したい文字列>現在のカーソル位置から後方に検索をかける
?<探したい文字列>現在のカーソル位置から前方に検索をかける
n(検索文字列をEnter押して確定後)次に合致する検索結果に移動する
N(検索文字列をEnter押して確定後)1つ前の合致する検索結果に移動する

他アプリからコピーした内容(クリップボード上の内容)をペースト

コマンド内容
Shift + Insertクリップボード上の内容をペースト

VISUALモード

コピー・切り取り・ペースト

VISUALモードにした上で、カーソルを動かすと範囲指定が出来ます。
範囲指定した上で、「y」か「p」を押すことで、コピー及びカットが出来ます。

コマンド内容
yコピー(Vimではヤンクという)
dカット兼デリート
pペースト
注意事項:
  1. Vimでは、クリップボードを経由して外部アプリ(他ファイル)にペーストするには、設定ファイルの変更が必要です。設定ファイル変更の詳細は下記URLなどの情報が参考になります。
    Vim – 全選択でクリップボードにコピーしてペーストする方法
    Vimで開いたテキストを他のエディタやアプリに貼り付けたい場合があると思います。 WindowsやMacだとマウスとコピペ用のコマンドで出来ないこともないのですが、Vimのコマンドの方がシンプルに選択できるのでおすすめです。 この記事では、Vimエディタで開いたテキストを全選択し、クリップボードにコピーしてペース...
  2. Vimでは、カットとデリートが同じコマンドのため、「先にコピーしていた内容を間違ってデリートで上書きしてしまった!」ということが起こりえます。
    この対策として、範囲選択したあと、「”(任意の1文字)y」でコピー、「”(任意の1文字)p」でペースト、という方法で、コピーペーストが出来ます。
    具体的には、範囲選択後に「”ay」でコピー、「”ap」で「”ay」でコピーした内容をペースト、といった方法です。

最後に

本コンテンツの内容が身に付けば、急にLinux上の設定ファイル等の編集を依頼されても問題ない…はずです。
私はLinux上でのファイル編集方法をちゃんと知らなかったため、最近苦い思いをしました…そのため今回まとめてみました。
少しでも誰かの役に立てば幸いです。

The following two tabs change content below.
しゅないだー

しゅないだー

20代社会人。 職種は「ビジネス部門内のBI&データエンジニア」で、BIを中心としたデータ活用を促進するための基盤構築&運用、BIに関する社内研修・社内コンサル対応などを行っています。